不惑オヤジ(と娘)の将棋な日々

アラフォー親父と小学生娘の悪戦苦闘の記録

[自戦譜]矢倉の肝は角の働き?

81Dojoでの対局から。

4級の私はこの時点で降級圏内にいたのですが、この時の相手は二段とレーティングが離れていたため、負けても降級しない対局となりました。

最近、私は81Dojoでは自分から対局を申し込みはせず、申し込まれるのを待つことに徹しています。これには理由があって、自分から対局を申し込むとどうしても相手の選択が恣意的になると思うからです。レーティングを意識しないようにしようとは言いつつも、つい自分のレーティングに有利な相手を選んでしまいそうで。

なので、この日も相手の方から申し込んでいただいたものなのですが、二段でありながら4級相手に対戦を申し込むその理由ってなんですかね。別に含みはなく、単純に興味があります。

相手の方が先手、私が後手です。線形は、先手の矢倉棒銀から力戦模様になりました。

初手からの指し手

▲7六歩 △8四歩 ▲7八銀 △3四歩 ▲7七銀 △6二銀
▲7八金 △4二銀 ▲2六歩 △5四歩 ▲5六歩 △3二金
▲2五歩 △3三銀 ▲7九角 △5二金 ▲6九玉 △3一角
▲5八金 △4一玉 ▲3八銀 △4四歩 ▲2七銀 △4三金右
▲2六銀 △4二角 ▲1五銀 △2二銀 ▲2四歩 △同 歩
▲同 角 △3三桂 ▲6八角 △2三歩 ▲2六銀 △5三銀
(第1図)

2014-11-03a

相手の棒銀をうまく追い返して、この局面。

この△5三銀が既に疑問手というのが感想戦での結論。これで一気に角が使いにくくなってしまいました。ここは先に△6四角と出るのが正着というのが結論。矢倉で守勢に回るとついつい角を4二に置いたまま5三に銀を上がったりしがちなのですが、これをやっちゃうと角が働きにくくなってしまうので細心の注意が必要ですね。

角に睨まれる心配が無くなったため、このあと先手に自由な動きを許してしまい、一気に守勢に追い込まれます。

第1図からの指し手

▲3六歩    △3一玉    ▲3八飛    
(第2図)

2014-11-03b

感想戦では特に触れませんでしたが、△3一玉が事実上の敗着だと思ってます。▲3八飛を完全に見落としていました。次に▲3五歩とされると既にシビれていることに気づいても後の祭りです。後手の4三の金との交換が非常に受けづらい。せめて、先に△4五歩として△4四銀と上がる余地を作っておくべきでした。この局面で△4五歩を突いてももう間に合いません。

第2図からの指し手

△4五歩    ▲3五歩    △同 歩    ▲同 銀    △4四銀    ▲3四歩
△2五桂    ▲3六飛    △5三角    ▲4四銀    △同 金    ▲3三銀
△3五歩    ▲2六飛    △3四金    ▲3二銀成  △同 玉    
(第3図)

2014-11-03c

それでも何とかしのいでこの局面。駒の損得こそありませんが、守りは既にボロボロで、先手優勢の局面でしょう。この後、私は先手の飛車をいじめに行きましたが、それよりも△8五歩とついて、△8六銀からの正面突破、という手もあったかもしれません。

この後は入玉模様まで粘りましたが、結局敗れました。

第3図からの指し手

▲5五歩    △3六歩    ▲同 飛    △3五銀    ▲6六飛    △6四歩    
▲5四歩    △6五銀    ▲5三歩成  △6六銀    ▲同 銀    △2四歩    
▲4三銀    △2三玉    ▲4一角    △3二歩    ▲3四銀成  △同 玉    
▲5二角成  △同 飛    ▲同 と    △4九飛    ▲5九歩    △2九飛成  
▲3六歩    △2六銀打  ▲3五歩    △同 銀    ▲3六歩    △3七桂成  
▲3五歩    △2五玉    ▲1六銀    △3六玉    ▲1八銀    △同 龍    
▲同 香    △2六銀    ▲5六飛    △4六桂    ▲同 歩    △4七成桂  
▲4五歩    △3七玉    ▲3九金
まで101手で先手の勝ち

矢倉模様の将棋では、角の働きを妨げないよう、できれば相手陣へのにらみを利かせられる位置に置けるようにするのが大切ですね。

以下、棋譜です。

開始日時:2014/11/03 
持ち時間:15分+60秒 
場所:81Dojo (ver.2014/9/21) 
先手:相手(二段)
後手:自分(4級)

▲7六歩    △8四歩    ▲7八銀    △3四歩    ▲7七銀    △6二銀
▲7八金    △4二銀    ▲2六歩    △5四歩    ▲5六歩    △3二金
▲2五歩    △3三銀    ▲7九角    △5二金    ▲6九玉    △3一角
▲5八金    △4一玉    ▲3八銀    △4四歩    ▲2七銀    △4三金右
▲2六銀    △4二角    ▲1五銀    △2二銀    ▲2四歩    △同 歩
▲同 角    △3三桂    ▲6八角    △2三歩    ▲2六銀    △5三銀
▲3六歩    △3一玉    ▲3八飛    △4五歩    ▲3五歩    △同 歩
▲同 銀    △4四銀    ▲3四歩    △2五桂    ▲3六飛    △5三角
▲4四銀    △同 金    ▲3三銀    △3五歩    ▲2六飛    △3四金
▲3二銀成  △同 玉    ▲5五歩    △3六歩    ▲同 飛    △3五銀
▲6六飛    △6四歩    ▲5四歩    △6五銀    ▲5三歩成  △6六銀
▲同 銀    △2四歩    ▲4三銀    △2三玉    ▲4一角    △3二歩
▲3四銀成  △同 玉    ▲5二角成  △同 飛    ▲同 と    △4九飛
▲5九歩    △2九飛成  ▲3六歩    △2六銀打  ▲3五歩    △同 銀
▲3六歩    △3七桂成  ▲3五歩    △2五玉    ▲1六銀    △3六玉
▲1八銀    △同 龍    ▲同 香    △2六銀    ▲5六飛    △4六桂
▲同 歩    △4七成桂  ▲4五歩    △3七玉    ▲3九金
まで101手で先手の勝ち
広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。