不惑オヤジ(と娘)の将棋な日々

アラフォー親父と小学生娘の悪戦苦闘の記録

詰将棋タイムトライアル中

なんか最近詰将棋の話ばかりしているような気もしますが…

相変わらず5手詰めに取り組んでいる私ですが、最近は「1問を2分以内で解く」という取り組み方をしています。

タイマーアプリを使って正確に時間を図り、2分以内で解けなければ諦めて答えを確認して次の問題へ。

これを、ほぼ全ての問題で「2分以内」をクリアできるまで、同じ本を繰り返し解く。

1問1問じっくり時間をかけて解いて覚えるよりも、何回も何回も短期間のうちに繰り返しトライすることで脳に焼き付けていこうというアプローチですね。詰将棋は詰みパターンを頭に刷り込むもの、と割り切っての取り組みです。

5手詰ハンドブック
浦野 真彦
4861370353

相変わらず取り組んでいるのはこの本です。

3周目に入ってから「1問2分以内」の取り組みを始めましたが、3周目にも関わらず意外とこの「2分以内」というハードルは低くない(_ _;

この本は後半に従ってゆるやかに難易度が上がっている感じですが、序盤戦でクリアできなかった問題が既に15%ほど。こりゃ最終的には3割くらいにはなりそうです。

もちろん、「ほぼ全て2分以内」を達成するまでは、次の本はお預け。既に↓も購入してスタンバってるんですが、こちらに取り組むのはまだしばらく先になりそう。

5手詰ハンドブック〈2〉
浦野 真彦
4861370418

なお、2分を図るタイマーとしては、Androidの「オーヴォータイマー」というアプリを便利に使わせてもらってます。

余計な装飾を排したシンプルな画面デザインに加え、タッチ一発でタイマーリセット&スタートができるのが地味に便利。1問解けたらタッチ一発でまた残り2分から動き出してくれるので、操作で流れを止めることなくすぐに次の問題に取り掛かることができます。動作中は端末のスリープ機能も無効にできますしね。

私のように1問あたりの時間を決めて詰将棋や次の一手に取り組もうという方、試してみては。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。