不惑オヤジ(と娘)の将棋な日々

アラフォー親父と小学生娘の悪戦苦闘の記録

プロの指導対局を「見たい」

私は将棋関係の大会とかイベントとかは出たことがありません。高校時代は将棋部だったので、高校対抗の大会には出たことがありますが、それきりです。成績?聞かないでください。

この手のイベントではプロによる指導対局があったりするみたいですが、私はその指導対局を見てみたい。

いや、もちろん私自身が指導対局を受けてみたい気持ちもありますが、それよりもまずはどういう「指導」をするのかを見てみたいのです。とくに、子供を相手にした場合に。

娘相手に色々と試行錯誤をしてはいますが、やはり小学一年生に将棋を教える、ということの難しさは常に感じます。

集中力が無いですし、なかなかこちらの指導の意図を理解してくれないので、なかなか棋力は上がらない。事実、娘と「こまお」の手合いは長いこと6枚落ちから進んでいません。

たまに私が娘と指したりするのですが、どういう風に相手をするのが良いのか、いまいちわかりません。

だいたい6:4から7:3くらいで勝たせてあげるのが良い、というのはよく言われますが、はっきり言って「自然に負けてあげる」というのはかなりの高等技術だと思います。実際やってみてわかりました。私には無理だと。

とはいえ今の私と娘がまともにぶつかると娘は手も足も出ません。なのでさすがに真剣対局はできない。

なので、私と娘が指すときは基本的にアドバイスを与えながら指すようになりました。この方法が効果的なのかどうかはわかりませんが、一方的にたたきつぶす形になるよりはいいかと、自分を納得させていますが、これが最善なのかはやはり疑問も残ります。

そこで、実際にプロや指導員の方が子供相手に指導対局するときに、どのような「指導」をするのかを観察して参考にしたいのです。

端にも棒にもかからないような将棋を指す子供相手に、どういう指導をするのか。一度、ひととり最後まで指した後に感想戦で指導するのか、今の私みたいに対局しながらアドバイスするのか、指導の際にはどういう観点でどういう指導をするのか、参考にしたいことはたくさんあります。

今度その手のイベントに潜入してみようかしら…

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。