不惑オヤジ(と娘)の将棋な日々

アラフォー親父と小学生娘の悪戦苦闘の記録

娘に将棋を教える理由

私が娘に将棋を教える理由。

きっかけはやはり娘が私を見て興味を示したからです。オフラインでの対戦相手が親父くらいしかいなかった私は、将来的に私の対戦相手になってくれれば楽しそうだなー、くらいの軽い気持ちで教え始めました。(ちなみに今は親父と棋力に差がついてしまい、親父も相手してくれなくなりました(_ _; )

最近は道場に顔を出すようになったので、オフラインでも将棋を指す機会を持てるようになりましたが、うちには娘が二人いて、長女が6歳、次女が3歳。まだまだ親の手がかかる年頃です。そんな子供達を置いて、私が一人休日に将棋道場に通い詰めていると、確実に妻の不興を買うでしょう(^^;

今は夫婦間で、お互い月に一日、自由行動日を作るというルールにしているので、私はその自由行動日を使って道場に行っている、というのが現状です。

なので、娘に将棋を覚えてもらって、将棋教室に連れて行くという名目を作ることができれば、私ももっと道場通いができるぞ、などというヨコシマな考えもあったりするのは秘密です(笑)。なので、早く将棋教室に連れて行ける程度のの棋力にはなってほしいな、と思っているわけですが(笑)。

それはともかく、長女は落ち着きが無く集中力にも乏しいところがあるので、将棋を通じて落ち着きや集中力、相手を思いやる心を身に着けてくれればいいな、という希望もあります。なによりも、親子のコミュニケーションツールとして機能してくれれば最高です。

プロ棋士や女流棋士にしたいという思いは私にはありません。もちろん、本人が本気でそっちを目指したいというならサポートするでしょうが、親としては趣味として楽しむレベルに留めてほしいのが本音。まあ、今の娘を見る限り、いらん心配でしょうけど(^^;

まあ、それ以前に娘が将棋に興味を失って、当ブログのタイトルからひっそりと「(と娘)」が消えてしまう日が来る可能性もありますね(^^;

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。