不惑オヤジ(と娘)の将棋な日々

アラフォー親父と小学生娘の悪戦苦闘の記録

詰将棋に取り組ませる策 その3

さて、その1その2と、娘になるべく少しずつでも毎日将棋に触れてもらえるよう、詰将棋を利用したシステムを作ったお話をしました。

今のところ、このシステムはまだ続いています。娘の意欲も当初ほどではありませんが、細く長く続いているので、いいところでしょう。

ただ、少し問題も出てきてまして、最近娘が採点結果の確認をサボりがちになってきたのです。よほど自分の答えに自信があるのか、単に面倒なのかはわかりませんが、なんとなく後者ではないかなという気がしています。

そこで、新しく対策を立てることにしました。

今まで、問題ごとの娘の答えの正誤は、私がExcelシートを使って管理していました。それを見ながら、時々、過去の間違った問題を再出題するなどの対応を行っていたわけです。

それを今回、私だけで管理するのをやめ、娘にも見せることにしました。

こんな具合に貼りだして。

wpid-14053441469460.jpg

そして、採点結果を確認しながら自分で○×を埋めさせるようにしました。めでたく○がついた問題には花模様のシールを貼らせることで、本人のモチベーションを喚起します。

元々シールをぺたぺた貼るのが大好きな娘ですから、今のところはよろこんでやっています。

さて、これでどこまで続くかな….

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。