不惑オヤジ(と娘)の将棋な日々

アラフォー親父と小学生娘の悪戦苦闘の記録

求む!超初心者向け教室&低学年向け入門書

私の地域で確認できる将棋教室は、ある程度のレベルにある子供が対象であり、残念ながら本当の初心者を連れていけるようなところではありませんでした。「まだ駒の動かし方が分かる程度の小1ですよ」と言ったら「大丈夫ですよ」というから連れて行ってみたら、いきなり何のサポートもナシに詰将棋とか解かせようとするんですよ?

どなたか、本当の初心者でも大丈夫そうな将棋教室を札幌でご存知でしたら、どうかお教え下さい。マジでお願いします…

というわけで、せめてこまおに平手で勝てるようになるまでは、私が教えてあげないといけない、と思っているわけですが、やはり簡単ではないわけです。小1ですから集中力無いですし、何度教えても駒のタダ捨てや王手放置がなかなか直りません。

子供向けの本でも買い与えようにも、これらの本は小学校3~4年生程度を想定していると思われるものが多く、簡単な漢字にもルビが必要なうちの小1にはなかなかつらいものがあります。

それでも試しに、このあたりの本を買い与えてみましたが、今のところ娘にとってはただの読み物ですね。ただ漫然と見て読む行為を楽しんでいるだけで、読んだものを実戦に活かそうという考えには、まだなれない様子。

どんどん強くなる やさしいこども将棋入門
中原 誠
4262101169

マンガでおぼえる棒銀戦法
高橋 道雄 藤井 ひろし
4422751514

まあ、小1ですし、今はそれでいいと割りきってますけどね。僅かながらでも興味が継続しているだけでも今はよしとすべきでしょう。

そんな娘は今日、こまお6枚落ちを相手に1勝0敗でした。私が1点のみアドバイスしたとはいえ、6枚落ちになってかなり将棋らしくなってきた気がします。

広告

求む!超初心者向け教室&低学年向け入門書」への3件のフィードバック

  1. ふざい 2014年6月10日 21:23

    こんばんは、ふざいです。
    コメントありがとうございました。
    うちは今、ある将棋サークルに通わせています。
    サークルと同じ指導員の方が教室も開いているようですが、親でなんとかなりそうですので私があるところまでは教えるつもりです。

    ハム将棋に平手で勝てるようになり、将棋ウォーズでそこそこ勝負ができるようになったら
    井上慶太九段の将棋倶楽部に再トライしようと考えています。

    まずは将棋を楽しめるように親子で取り組んでいきたいです。

    いいね

  2. yamakaz 2014年6月11日 22:04

    ハム将棋って実は結構レベル高いんでは、と個人的には思ってます。
    小1の娘の目標とするには少々高すぎる壁の気がするので、うちの場合はまずは「こまお」ですね。

    いいね

  3. ピンバック:これまでの記事から娘の成長をたどってみる | 不惑オヤジ(と娘)の将棋な日々

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。