不惑オヤジ(と娘)の将棋な日々

アラフォー親父と小学生娘の悪戦苦闘の記録

角交換振り飛車の罠にあえて踏み込んでみた(そしてフルボッコ)

私の実戦から、ちょっとしたお勉強体験を一つ。

角交換振り飛車使いにはたまにしか遭遇しませんが、遭遇するとだいたいこんな局面になります。

image

角交換振り飛車の定石はほとんど抑えてないのですが、いかにも角の頭が弱そうです。▲2四歩と突っかけて簡単に破れそうに一見みえるのですが、相手のレベルから考えてもそんな簡単なわけはない。間違いなく▲2四歩は罠だと思われるのですが、でもどんな罠が待っているのかもイマイチ見えない。

というわけで、あえて罠に飛び込んでみました。

▲2四歩 △同歩 ▲同飛 △8八角成 ▲同銀 △3三角と進んで以下の局面。

image

ここまではとりあえず予想範囲内の展開です。ここで考えられる応手は、▲2一飛成と攻め合いに出るか、▲2八飛と引いて両取りを受けるかかと思いますが、攻め合いに出ても△8八角成から銀桂香をボロボロ取られてはとても割に合う気がしません。

というわけで▲2八飛を選択しましたが、ここでようやく罠の正体が顔を出します。

△2六歩!!

image

一見なにも紐付いてないからと▲2六同飛などとすると、当然△8八角成と銀を素抜かれて敗勢です。

この状態では金銀の活用もできないので(例えば▲3八銀などとすると、その瞬間飛車の横利きが止まって8八の銀が浮き駒となり、△8八角成とやられます)、本譜はとりあえず▲7七銀と上がってみました。

その瞬間、△2二飛と回られ、一気に飛車先が危うくなってきました。

image

飛車先を受けるため▲3八銀と上がってみましたが…

image

まさかの△7七角成の強襲が飛んできました。▲同桂とするしかありませんが…

image

取られたばかりの銀を△2七銀と打ち込まれ、飛車先崩壊確定です。

この先は一方的に押さえ込まれる全く見込みのない展開となり、終盤戦を待たず投了と相成りました。

いまだに角交換振り飛車に遭遇するとやりにくさが抜けないのですが…角交換振り飛車とは本来居飛車側に穴熊を許さないための戦型だと言う話を聞いたことがあります。

であれば、元々私は居飛車穴熊はやらないので、特に動じることなく普通に駒組を進めていけばいいのかなと思ってみたり。

角交換されたときの8八銀の扱いが考えどころではありますが…

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。